「話し言葉」と「書き言葉」とは|文章で使いがちな「話し言葉」一覧

日本語には、「話し言葉(口語)」と「書き言葉(文語)」があります。

  • 話し言葉:普段の会話で使う言葉
  • 書き言葉:文章を書くときに使う言葉

    仕事で文章を作成するなら、使用するのは書き言葉です。しかし、つい話し言葉を書いてしまい、修正されることもありますよね。

    そこで今回は、うっかり使いがちな話し言葉をまとめました。見やすいよう一覧にしていますので、迷ったときの確認にもお使いください。

    目次

    文章で使いがちな「話し言葉」一覧

    1 - 「話し言葉」と「書き言葉」とは|文章で使いがちな「話し言葉」一覧

    よくある話し言葉

    話し言葉書き言葉
    です/ますだ/ある
    こっち/そっち/あっち/どっちこちら/そちら/あちら/どちら
    こんな/そんな/あんな/どんなこのような/そのような/あのような/どのような
    こんなに/そんなに/あんなに/どんなにこれほど/それほど/あれほど/どれほど
    なんでなぜ
    でもしかし
    だからそのため/したがって
    ~だけど~だが
    ~ので~ため
    ~だけでなく~のみならず
    ~と言っても~と言えども
    ~するため~すべく
    ~じゃなくて~ではなく
    ~なんです~なのだ
    ~していて~しており
    ~してなくて~しておらず
    ~しちゃった~してしまった
    ~ばっかり~ばかり
    さっきさきほど
    やっとようやく
    ちゃんときちんと
    いろんなさまざまな/いろいろな
    たぶんおそらく
    だいたいおよそ
    やっぱりやはり
    全然まったく
    いっぱい/たくさん多数/多くの
    全部全て
    一番最も
    ちょっと少し/やや
    もっとさらに/より
    絶対に必ず/決して
    とっても/すごく非常に
    どんどん急に/急速に
    だんだん緩やかに/徐々に/しだいに

    ら抜き言葉

    ら抜き言葉は「食べれる」→「食べれる」のように助動詞「られる」を省略する話し言葉です。

    書籍はもちろん、Webメディアの多くでも禁止しているため、ライターは特に注意しましょう。

    ら抜き言葉の詳しい解説やチェック方法は、こちらの記事を参考にしてください。

    あわせて読みたい
    「ら抜き言葉」とは?|例と簡単な見分け方を紹介
    「ら抜き言葉」とは?|例と簡単な見分け方を紹介「ら抜き言葉で修正を受けたけれど、見分け方がよくわからない!」と困っている方に、 ら抜き言葉が出現する法則 すぐにわかる見分け方、文章チェックの仕方を紹介し...

    い抜き言葉

    い抜き言葉は「現在向かってます」→「現在向かってます」のように「い」が抜ける話し言葉です。

    会話のテンポを大切にする話し言葉では、助詞の欠如とセットでい抜き言葉をよく使います

    「今日は仕事をしていません」→「今日仕事してません」

    い抜き言葉の解説とチェック方法は、こちらの記事を参考にしてください。

    あわせて読みたい
    い抜き言葉とは?|例文と見分け方を紹介
    い抜き言葉とは?|例文と見分け方を紹介特に親しくない仕事相手から「いつもお世話になってます」とメールが来たら、急に距離を詰められたような違和感がありませんか?それは、この文章が「い抜き言葉」にな...

    ぼかし表現

    会話でよく使うぼかし表現も、話し言葉です。

    ぼかし表現例文
    ~たり「AはBだったりします」
    感じ「AはBって感じです」
    みたいな「AはBです、みたいな」
    とか「AはBとかです」
    ~的「AはB的です」
    個人的には/わたし的には「個人的には、AはBです」

     

    ぼかし表現は、相手に判断の余地を残す柔らかい表現です。

    会話のような、キャッチボールが前提のコミュニケーションには適しています。

    しかし、文章のなかで使うとその曖昧さがマイナスに働きます。

    • 情報の信頼性が薄れる
    • 結論が弱く感じる
    • 自信がなさそうに聞こえる

    仕事やライティングでの使用は避けましょう。

    重複表現

    重複表現は、「二重表現」「重言」などともいう”同じ意味の言葉を重ねる”表現です。

    強調の意味もあるため、明確に誤用とは言えません。

    しかし、文章では違和感を与えやすいため、避けたほうがよいでしょう。

    重複表現の例修正後
    まず最初に最初に/まず
    おおよそ~くらいおおよそ/約/~ほど
    一番最後最後
    違和感を感じる違和感を持つ/違和感がある
    頭痛が痛い頭が痛い
    断トツの1位断トツ
    射程距離射程
    犯罪を犯す罪を犯す
    SEO対策SEO/SEO施策
    満天の星空満天の星
    アンケート調査アンケート/調査

    さ入れ言葉

    さ入れ言葉は、「伺わせていただきます」のように不要な「さ」を入れてしまう言葉です。

    間違った謙譲語のため、使ってしまうと稚拙な印象を相手に与えます。仕事のメールやビジネスシーンでは、特に注意しましょう。

    さ入れ言葉については、こちらの記事で詳しく解説しています。

    あわせて読みたい
    さ入れ言葉とは?|例と解説、簡単な見分け方を紹介
    さ入れ言葉とは?|例と解説、簡単な見分け方を紹介「さ入れ言葉」を知っていますか?謙譲語のつもりで「読ませていただきます」を「読まさせていただきます」とするのが、「さ入れ言葉」です。敬語でとりあえず「させて...

    「話し言葉」と「書き言葉」の違いとは?

    2 - 「話し言葉」と「書き言葉」とは|文章で使いがちな「話し言葉」一覧

    話し言葉は、会話で使用される言葉。書き言葉は、文章に使われる言葉です。

    話し言葉の特徴
    • 言葉のキャッチボールを前提としている
    • 文法の正しさよりも、会話のスムーズさを重視
      書き言葉の特徴
      • 書き手から読み手へ、一方向の情報伝達を前提としている
      • 読み手との認識の不一致を防ぐため、正しい文法が求められる

        話し言葉=”書き言葉を会話向けに省略したもの”といえます。

        文章は「書き言葉」が基本!が、例外もあり

        4 - 「話し言葉」と「書き言葉」とは|文章で使いがちな「話し言葉」一覧

        書き言葉は情報伝達に優れるものの、すべてを書き言葉にしてしまうと、硬く、敷居の高い印象になります。

        例えば、Web上で「口当たりを滑らかにすべく、3回裏ごしを行っている」のような文章は、滅多に見ませんよね。

        ターゲットに共感と親しみを持ってほしい場合は、「です/ます」「~するため」などの馴染み深い話し言葉を混ぜた文章が適します。

        ”話し言葉はすべてNG”ではなく、例外もあると考え、レギュレーションをよく確認しましょう。

        どんな媒体にも対応できるよう、きちんと使い分けられるようにしておきたいですね。

        よかったらシェアしてね!

        コメント

        コメントする

        CAPTCHA


        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        目次
        閉じる