記事作成の相場はどれくらい?発注の費用対効果を最大化するポイント

「コンテンツ制作の工数を減らしたいから記事作成を外注しようかな。でもいくらぐらいが相場なのだろうか」と、お悩みではありませんか?

単価に幅がありすぎて相場を掴めない理由は、一口に記事作成といっても費用に反映される要素はたくさんあるからです。

記事テーマの難易度だったり、ライターのスキルや知名度であったり。そのため、ひとまとめに〇円が相場だと言えないのですね。

 

この記事では、記事作成の外注費用が何を基準に決まり、いくら程度になるのかを解説。

イメージ通りの記事を作成してもらうコツも合わせて紹介するので、ぜひ最後までお読みくださいね。

目次

ライターに記事作成を外注する場合の料金相場は?

記事作成の費用は「ライティングに対する費用」と「ライティング以外の作業に対する費用」の両者を合算して計算されます。

「ライティングに対する料金」は文字単価記事単価で計算されるのが一般的。

「ライティング以外の作業に対する費用」はオプションとして追加計算されることが多いです。

文字単価、記事単価

文字単価は1字あたりの文字数です。

文字単価×文字数×記事数で記事作成費用を計します。

ライティング報酬の計算ではポピュラーな計算方法です。

文字単価相場は下は0.5円〜上は15円以上と、かなり二極化状態

初心者ライターは0.5円~1円が相場です。15円以上は国家資格を持つライターなど、専門的なスキルに長けたライターに支払われる単価です。

一方、記事単価は1記事あたりの文字数に関わらず記事ごとに一律の単価となります。

記事作成費用は金額×記事数で計算します。インタビュー記事を依頼する際やベテランライターへの費用計算に用いられることが多い計算方法です。相場は20,000円〜100,000円ほど。

文字単価や記事単価以外にかかる追加料金

続いてライティング以外の作業に対する費用について、確認しましょう。

料金例としては以下の通りです。

WordPress入稿単価:+1.5円/文字
WPプラグイン設定1,000円/個
画像挿入300円~800円/枚
装飾(CSS)の設定5,000円/個

(引用元:記事作成代行Pro

料金相場が決まる3つの要素

1024x683 - 記事作成の相場はどれくらい?発注の費用対効果を最大化するポイント

文字単価が0.5円と15円では大きな差ですよね。

この差は以下の3つの要素によって生まれます。

  • 作成の手間
  • 専門性
  • 依頼先

作成の手間

執筆には情報収集が必要です。リサーチにどの程度の手間がかかるかによって料金が変わります。

リサーチ無しで書く

知識がそれほど問われず、多くの人が経験している内容がテーマであれば、リサーチなしで書けますよね。たとえば、恋愛や育児に関するブログ記事など。ライター自身の体験から書けるため、単価相場は文字単価~1円と低めです。

インターネットで検索して書く

ライター自身に経験がない場合やテーマが専門的である場合などインターネットで情報を集める必要がある場合には、文字単価は1~5円程度となります。

インターネットで検索して書く記事において重要なことは、信頼できるWebサイトから情報を収集することです。

たとえばアフィリエイトサイトや個人ブログはあまり信用できないサイトの最たる例で、広告収入欲しさに偏った情報や間違った情報を故意に流すことがあります。

記事作成費用をケチってあまり安いライターにお願いすると、情報の信頼性を考えてもらえず嘘の情報をサイトに載せてしまうことになる危険性も

主に国や自治体のサイトや企業の公式HPなど、信憑性の高いサイトを中心にリサーチできるライターかどうか、事前にテストしましょう。

取材・調査した結果を元に書く

取材に基づく記事執筆は準備の工程が多くあり非常に手間がかかるため、文字単価10円以上など相場は高め。

通常の執筆工程に加えて、取材する準備や時間が必要になるためです。

取材記事作成の工程は以下の通り。

  • 記事の内容を企画する
  • 質問内容を事前にまとめる
  • 取材現場に赴きインタビューを行う
  • インタビュー内容のテープ起こしをする
  • 執筆をする

ライターには執筆力とともに高い取材力も求められるため、あまりケチらないようにしましょう。

専門性

料金相場を決める二つ目の要素は専門性です。

専門性に比例して執筆できるライターの希少性が高まり、上記の文字単価に上乗せされて値段がアップします。

 SEOに強い記事

SEOに強い記事の執筆にはさらにコストがかかります。

理由は以下の2点です。

  • 普通に記事を書く以上の手間がかかるから
  • SEOに強いライターは希少だから

SEO記事にはキーワード選定読者ニーズの分析検索エンジンに対するアピールなど、豊富な知識と複雑な工程が求められます。

そのため普通のライティングに比べて単価が高く設定されています。

専門家

専門家に執筆を依頼する場合もまた、通常の記事執筆に比べて割高になります。

書けるライターの希少性が高まるためです。

法律や医療、金融関連のテーマが例として挙げられます。

内容の難易度も相まって、単価がより上がることを押さえておきましょう。

影響力がある人

取材や監修を依頼する相手の知名度もまた費用を釣り上げる要素になります。

金額は人によってまちまち。所属事務所やタレント自身が金額を自分で決めるため、一概にいくらだと相場を示すことができません。

金額は実績の豊富さや知名度に比例するため、事前に見積を依頼しましょう。

依頼先

どこに記事作成を依頼するかによって相場が異なります。

クラウドソーシングへ依頼

もっとも単価相場が低い依頼先はクラウドソーシングです。

安さの理由は会社に依頼するのではなく、個人に業務を依頼する形態により企業に中抜されないからです(実際クラウドソーシングサービスから中抜きされているのはライター側なので、会社の負担はありません)。

発注者、受注者双方の合意がなされれば言い値で発注できてしまうため、相場は低め傾向にあるのです。

参考までにテーマごとの単価相場は以下の通り。

一般的なテーマ0.5〜2.0円/文字
特定のテーマ0.8〜3.0円/文字
専門的なテーマ1.2〜5.0円/文字

引用元:ランサーズ

クラウドソーシングのデメリットはあまり多くの記事発注をすると、複数人のライターと同時並行してやり取りをする必要があるため、工数が膨れ上がってしまうことです。

またクラウドソーシングサイトにはWebライター初心者もいるため、仕上がってくる記事の質もまちまち。

修正依頼や自社で修正している間に自社側の人件費で結局安くない、ということにもなりがちです。

記事代行会社へ依頼

記事代行会社会社の単価相場は高めです。

会社に依頼すると人件費がかかり、その分費用が上乗せされてしまうためです。

文字数で決めている会社が多く、相場は以下の通り。

1記事ごとの受注ではなく、まとめて5記事以上の受注を条件にしている会社も

品質としてはクラウドソーシングよりも高いもので揃うメリットがある反面、サイト設計やキーワード選定などのSEOの部分は代行してくれない場合が多いのがデメリット。

記事代行会社にお願いする場合は社内の有識者にディレクションを任せているか、他でSEOコンサルを付けている企業におすすめ。

Webマーケティング会社へ依頼

Webマーケティング会社の単価相場はさらに上がります。

費用例としてAPPMARTの記事制作ではSEOコンテンツの記事単価は2万円。取材型コンテンツの場合は記事単価6万円~。記事制作以外のSEOコンサルティングは月額20万円からです。

またLIGでは記事単価15万円、メディアサイト制作は200万円からとなってります。

ただWebマーケティング会社に頼む場合SEOの部分からSNSでのマーケティングまで一手に引き受けてくれる場合も多いので、Web担当者の負担が軽くて済むメリットがあります。

そのため、すべてをおまかせしたいという方にはWebマーケティング会社への依頼がおすすめです。

記事作成の費用対効果を最大限にする方法

費用を支払うからには、最大限に費用対効果を上げたいですよね。

費用を抑えつつ、こちらがイメージする記事を確実に作成してもらうためにはコツが必要です。この章では記事作成費用のコスパを上げる3つのコツを紹介します。

依頼の目的や委託の範囲を明確に指示する

記事作成を依頼する目的と委託する作業の範囲を明確にして伝えましょう。

明確に指示せず依頼先に丸投げしてしまうと、イメージと違う記事が納品されることにもなりかねません。

また作業範囲の指示が不明確だと外注するはずだった作業を自社で負担することになったり、余分に相手に確認する手間が発生したりすることも。

打ち合わせを最小限に留め、希望にマッチした記事を受け取るためにも、発注の段階でできるだけ詳細な指示をしておくことをおすすめします。

企画や構成を指定する(自社にノウハウがあれば)

企画や構成は極力自社で行うのが無難です。

執筆以外の作業を依頼すると当然その分の費用負担が増えるためです。

また構成を指定すれば、より的確に記事のイメージを伝えられます。記事完成後もし修正するとなれば、別途修正依頼費を支払わなければいけません。

ですので自社にある程度企画や構成を作成するノウハウがあるのであれば、指定した方が節約にもなり懸命です。

とはいえ、もし自社にノウハウがなく作業負担が重いと感じるのであれば、思いきって外注してしまった方が本来の業務に集中できる分、コスパが良いと言えるでしょう。

画像・表・文字装飾などは安易に任せない

記事に盛り込む画像や表、文字装飾などは丸投げしないようにしましょう。どうしてもライター側の感性で作成されてしまいがちで、イメージと異なる仕上がりになる懸念があるからです。

会社のカラーや雰囲気にマッチしたサイト作り、記事作りを行うには、画像選定や文字装飾はできる限り自社で行いましょう。

依頼する場合には、イメージの齟齬を防ぐためにも、レギュレーションに明確に記載することをおすすめします。

記事作成はWriters-hubにおまかせ

記事作成の外注相場は、以下3点によって相場が異なることをお伝えしました。

  • 作成の手間
  • 専門性
  • 依頼先

とはいえ良質な記事をなるべく安く依頼したいですよね。

そんなときは、我々Writers-hubへご相談ください。

SEOにロジカルに対応した記事を文字単価5円~(ジャンルによる)で納品いたします。

なお文字単価5円~には以下の工程を含んでおります

  • 構成作成
  • 記事執筆
  • 画像選定(基本的にH2ごと、フリー画像)
  • 入稿(CMSがある場合限定)

つまりキーワードをいただければ、あとはサイトに納品された記事をチェックして公開するだけになるのです。

 

安さの理由は、私達がフリーランスWebライターチームだから。

社員としてプロのライターを雇っていないので、記事代行会社よりも安く納品できるのです。

またクラウドソーシングサービスと違い、チーム全員がSEOライティングの講座を受け、添削を通過しています。

しかもチームの窓口は一人なので、複数の記事を発注するときでも多くのライターとやり取りする必要がなく、担当者の手間が少ないメリットもあります。

つまりWriters-hubに依頼することで、安価かつ手間が少ないにも関わらず一定の質が担保された、まとまった本数の記事が手に入るのです。

「依頼先」で紹介した「クラウドソーシング」と「記事代行会社」の間に位置するイメージですね

ポートフォリオはこのサイトです。

なお別料金でSEOコンサルやサイト設計、キーワード選定も承ります。

もしよろしければお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる